立川の美容院【ZEST ange】>縮毛矯正>縮毛矯正とヘアカラー 同時施術は法律違反!?:薬事法を守って同時に出来る秘密の技2点

縮毛矯正とヘアカラー 同時施術は法律違反!?:薬事法を守って同時に出来る秘密の技2点

2017/08/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
縮毛矯正とヘアカラー 同時施術は法律違反!?:薬事法を守って同時に出来る秘密の技2点

縮毛矯正とヘアカラー同日施術は法律違反!?

美容室へ行く時間がなかなか取れない方が多いと思います、縮毛矯正(パーマ)とヘアカラーを同日に施術される事も多いかと思います。

でもこれって法律違反(薬事法)だって知っていましたか?じゃあ出来ないの?

ちょっと待ってください!今なら出来るんです!

こんにちは、立川南口徒歩1分の美容室「ange」の山中です。僕の30年の美容師歴で経験した事をもとにダメージの少ない同日施術について書いてみました。


薬事法では縮毛矯正(パーマ)とヘアカラーは最低1週間以上の間隔が無いとダメとなっています。

同時施術不可の理由は髪へのダメージ、最悪髪が切れたりビビリ毛になってしまいます。


でも縮毛矯正(パーマ)とヘアカラー同日に施術している美容室ありますよね?もちろんangeでもやってます

でもそれって法律違反!?いえいえ大丈夫なんですそれが!(一部例外除く)


目次


縮毛矯正とヘアカラーの間隔

縮毛矯正やパーマとヘアカラーの施術は最低でも1週間の間隔が薬事法で決められています。医薬部外品のパーマ剤で施術した髪に同じく医薬部外品である染毛剤での同日の施術は認められていません。

しかし昔からどうしても(同時施術を)やってほしいというお客様はいらっしゃいましたし実際にやっていました…

でもそこは薬事法違反になるのであくまでもお客様の責任(実際は美容室の責任なのですが…)というかたちで髪のダメージも了解していただいていました。

これホントに凄く髪が傷むんです。もう髪が海藻のようにトロトロになります、笑えません。薬事法の同時施術不可はお客様の髪を守るのと同時に美容師の責任を守る理由もあるように思います。(美容師の方から同時施術をおすすめしていたらそれは責任取ってもらいますが)


縮毛矯正 ヘアカラー どっちが先

では縮毛矯正とヘアカラーどちらを先に施術したほうが良いのでしょうか?

以前なら縮毛矯正→ヘアカラーの順で施術が一般的でした、なぜならヘアカラーの後に縮毛矯正を施術するとヘアカラーの色味が変わってしまうからです。

あなたがもしいつも利用してる美容室で縮毛矯正とヘアカラーをする場合にはこの順番で2週にわたってオーダーして下さい。

でも私ならヘアカラー→縮毛矯正の順をおすすめします。しかも髪のダメージも抑えながら同日の施術もOKです。しかも合法的に!


ちょっとその前に染毛剤(ヘアカラー)について

ここで染毛剤(ヘアカラー剤)のしくみについて説明します。

あなたはこれから髪を10レベルのアッシュに染めようと伝え、美容師が薬剤を用意し塗布します。毛髪内ではどのような変化が起こるのでしょう?

染毛剤を塗られた髪はまず薬剤中のアルカリ剤の働きで毛髪が膨潤しキューティクルが開き薬剤が毛髪内へ入りやすくなります。そしてアルカリ剤と過酸化水素のブリーチ反応で黒髪の色素メラニンを分解し髪が明るくなります。

そしてもう一つの反応、染料が過酸化水素と反応してアッシュの色が毛髪内で発色します。

アッシュの10レベルの場合は染料が入り暗くなるのを見越してブリーチ剤で10レベル以上の明るさにしながら染料を発色させます。この時のブリーチ過程が一番髪がダメージする原因です。


なぜ逆順?なぜ同日施術OK?

前章でヘアカラーのしくみはお分かりいただけたかと思います、今まで縮毛矯正の後にヘアカラーの施術を行っていたかというと毛髪中の染料が縮毛矯正の薬剤や高温のアイロンによって毛髪中から流出したり分解して色味が変化してしまうからなのです。ではなぜ私がヘアカラーの後に縮毛矯正を施術するかというと髪のダメージと関係があります。

仮に縮毛矯正施術の髪ダメージレベルを5、ヘアカラー施術の髪のダメージレベルを5とします。同日にこの2つを施術すると10のダメージレベルになります。

そこで私は先ず染料のほとんど入らない染毛剤で髪を明るさだけ変えます、ここでダメージはレベル5です。そしてその後の縮毛矯正ですがなんとダメージ5の毛髪にはかなり弱い力の縮毛矯正剤ダメージレベル2程度の薬でOKです。逆順に施術することによって髪のダメージレベルに合わせて薬剤の強さを調節できる縮毛矯正剤を塗布出来る大きなメリットがあるんです。

そして縮毛矯正終了後に毛髪の色味の調整としてトナーというほとんどダメージ無く短時間で染まるカラー剤を使い施術します。

これで全体のダメージレベルはなんと7!同日に施術をしてもそれほど大きなダメージにはならず逆順でもしっかりとヘアカラーもOKです。


でもそれって薬事法違反じゃないの?


縮毛矯正とヘアカラーを同時にダメージを減らして施術できるのはお分かりいただけたかと思います。しかし同日施術すると薬事法違反になる疑問はまだ残っていますよね?でも心配しないで下さいこれも完璧クリア出来る薬剤があるのです。

そもそも薬事法で同時施術を禁じられているのは医薬部外品の縮毛矯正剤と医薬部外品の染毛剤の同時施術です。angeでは縮毛矯正剤や染毛剤も数種類取り揃えていますので縮毛矯正には化粧品登録の薬剤を使用しての施術もOKです。

そうすることによって化粧品登録の縮毛矯正剤と医薬部外品の染毛剤の使用で薬事法上でもOKな施術が出来ます。逆パターンで医薬部外品の縮毛矯正剤と化粧品登録の染毛剤という組み合わせの場合もあります。(この場合は縮毛矯正を先に施術すつことになります)


それでもヘアカラーが出来ない毛髪

縮毛矯正とヘアカラーの施術は今でこそ一般的になりましたが数年前までは縮毛矯正した髪にヘアカラーは出来ないと言われてきました。それは高温のストレートアイロンで施術された髪の内部のタンパク質が変体してしまうのです。

わかりやすく説明すると髪を構成するタンパク質は生たまごのようなものなのですが高温のアイロンに長時間プレスされたタンパク質は生からゆで卵に変化してしまっています。液体から個体に変わってしまった毛髪内のタンパク質は染毛剤内のブリーチが効かなくなります。これには縮毛矯正された髪以外にも自宅でストレートアイロンを使用しすぎるお客様の毛髪でもある事例です。こうなるとカラー剤だけでなく縮毛矯正を含むパーマ剤も効かなくなります。

新規ご来店でお客様の毛髪履歴がわからない場合染毛剤を使いストランドテストを行い毛髪内のタンパク質が変体していないか調べることがあります。


美容師をはじめて30年、経験を元に色々書かせていただきました、縮毛矯正とヘアカラーの同時施術心配になったらぜひangeの山中におまかせ下さい!

縮毛矯正の失敗の事例や解説はこちらに書きましたあわせてご覧ください。


山中 忠博

山中 忠博

Written by: 山中 忠博
こんにちは、美容師歴30年山中忠博です。 技術はもちろんですがパーマ剤などのケミカル系の知識も豊富です。ホームページのコラムで紹介している縮毛矯正ぜひ私に担当させて下さい!自信を持っておすすめします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

山中 忠博は、こんな記事も書いています。

  • 縮毛矯正とヘアカラー 同時施術は法律違反!?:薬事法を守って同時に出来る秘密の技2点

    縮毛矯正とヘアカラー 同時施術は法律違反!?:薬事法を守って同時に出来る秘密の技2点

  • ショートに縮毛矯正は無理?なウソ3つ

    ショートに縮毛矯正は無理?なウソ3つ

  • 美容師が教える失敗しない縮毛矯正の知識と2つのテクニック

    美容師が教える失敗しない縮毛矯正の知識と2つのテクニック

  • 成人式&貸衣装

    成人式&貸衣装

  • 八王子祭り

    八王子祭り

  • プレミアム付き商品券が利用できるようになりました!

    プレミアム付き商品券が利用できるようになりました!

新着ヘアスタイル

  • ホワイトグレー×グラデーション

    ロングスタイルホワイトグレー×グラデーション
    ブリーチを2回(状態によっては3回必要)して赤味や黄色味をとばしてから、ホワイトグレーのグ...
  • シースルーグレー

    ミディアムスタイルシースルーグレー
    くすみの有るグレーの色味を薄く入れて有る為透け感MAXのスタイルに!これからのSUMMERseasonにぴ...
  • 西海岸風グラデーションカラー

    ボブスタイル西海岸風グラデーションカラー
    ボブベースにスライドカットで抜け感を出すように柔らかさと動きを出します!カラーはブリーチし...
  • ふんわりショコラブラウンショート

    ショートスタイルふんわりショコラブラウンショート
    頭の形を良く見せるカットと、ハイライトとローライトのメッシュを効果的に入れることでよりフワ...

カテゴリー

カテゴリー


美容院専用ホームページサービス