>>>

ショートに縮毛矯正は無理?なウソ3つ

2017/06/07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
ショートに縮毛矯正は無理?なウソ3つ

クセ毛だからって希望のヘアスタイル諦めていませんか?

本当はショートにしたいのに担当美容師がロングばかり勧めてくる

ショートボブに縮毛矯正したらヘルメットのようになってしまった…

縮毛矯正の保ちが悪い…


縮毛矯正をWebで画像検索するとだいたいロングのツヤツヤヘアーが出てきます、おそらく縮毛矯正と聞いて思い浮かぶスタイルはほとんどみなさんそんな感じだと思います。

じゃあ縮毛矯正したらショートは出来ないの?

いいえ、そんな事はありません縮毛矯正をしてもほとんどのスタイルにすることは可能です!

縮毛矯正=ロングヘアーと言うイメージは残念ながら私たち美容師が作り上げたステレオタイプ、今では薬剤も技術も進歩しています!



担当美容師にロングが良いと進められた

これは担当技術者の経験不足&勉強不足です。経験不足な担当者は失敗の少ないロングスタイルをお勧めする事が多いようです。もしかするとサロンにショートに対応したアイロンが無いのかもしれません。ZESTでは経験豊富なことはもちろんですが、新しい薬剤が発売されると勉強会を積極的に開催し常に新しい知識と技術を身につけるのでお客様のイメージしたヘアスタイルを優先してカウンセリングしスタイルに合った縮毛矯正の施術を提案させて頂きます。


ショートに縮毛矯正をしたらまるでヘルメットのようになった

これは過去に縮毛矯正を施術して失敗した経験からショートを諦めてしまったパターンですね。実際過去の薬剤ではこのような失敗が多くありました。しかし今の薬剤はかなり進歩をしていてより自然な感じに仕上がるようになっています。(あえて縮毛矯正っぽさを残す薬剤もありますが)
縮毛矯正が流行り始めた頃には「樹脂系」と呼ばれる樹脂でコーティングしストレートを維持する薬剤が多くあり多くのお客様がその質感と今までのストレートパーマの違いに驚嘆しました。この頃の薬剤でショートに施術をするとみなさんが恐れているヘルメットのようなスタイルが出来上がります。前髪の縮毛矯正でも板を貼り付けたような質感でお世辞にも「可愛い」とはかけ離れたスタイルでした。

今の薬剤の主流は「システアミン」の入ったものに変わってきました。このシステアミンは柔らかい質感のまま髪をストレートの状態にしてくれると言う特徴があります。普通のストレートヘアーのようにコテを巻いてスタイルを作ることも出来ますし前髪の縮毛矯正でもブローすることで自然な内巻きのスタイルになります。


ショートに縮毛矯正は保ちが悪い


残念ながらこれは今も昔も変わりなく正解です…。髪は毛根から1ヶ月に約1~1.5cm伸びています、縮毛矯正を一度するとその部分はずっとストレートな状態が続くので根本部分だけクセ毛になってきます。そのクセの部分が全体の長さの約1/4になったときがリタッチ時期=「縮毛矯正の保ち」です。25cm髪の長さのある人が施術をするとクセ毛が1/4の状態になるのは約6ヶ月、10cmの人だと2ヶ月強で1/4の長さになってしまいます。これはどうしようもない事ですが幸いなことに縮毛矯正の値段は以前の半額くらいになっています、実際に今まで半年周期のお客様が3ヶ月でご来店していただくことが多くなりました。「ショートは保ちが悪い」はあながちウソではないですが料金の部分でかなり利用しやすくなっていると思います。


メンズのショートももちろん縮毛矯正OK


クセ毛で思い通りのヘアスタイルが出来ないと諦めてしまっているメンズも多いと思います

トップ部分を立たせたくても癖で寝てしまい結局いつもと同じスタイル…そんな方にこそ縮毛矯正はオススメ、最短2センチあれば縮毛矯正出来ます!サイドの耳上を刈り上げて上の髪をさらっとかぶせるスタイルだって縮毛矯正ならOK、もう髪質でヘアスタイルを諦める必要もなくなりましたよ。


ショートの縮毛矯正ほどベテランスタッフにお任せを


縮毛矯正の施術過程は

1,シャンプー

2,1剤を塗布

3,軟化チェック

4,1剤を洗い流す

5,髪を乾かしてストレートアイロン

6,2剤を塗布

7,2剤を洗い流す

8,カット&スタイリングして終了

ですが、ここで重要なのが2,3,5,の手順です

2の1剤塗布ですが頭皮から付けてしまうと髪の根本が折れたり根本から切れたりと恐ろしい失敗になります、特にショートヘアーの場合には注意が必要です。

3の軟化チェックは全ての長さに共通していますが、軟化不足では縮毛矯正のかかりが悪くなり軟化しすぎると髪のダメージが多くなってしまい最悪の場合には「ビビリ毛」と言って縮毛矯正をしても治らないチリチリな状態になってしまいます。

5のストレートアイロンは特にショートの場合には技術が必要になります、アイロンの温度は約180度火傷の危険と常に隣り合わせです。そこは数多く経験したベテランスタッフの腕の見せ所になります。

若いスタッフが縮毛矯正の施術を苦手にしているということは無いですが、やはり数多く担当しているスタッフの方が髪の状態や髪の扱いには数歩リードしています。

山中 忠博

山中 忠博

Written by: 山中 忠博
気がつけばZESTで働いて28年あっという間です この頃は出張、打ち合わせ等で空けてしまう事が多くお客様にはご迷惑をおかけしていますが、早めにご予約いただければお客様の都合に合わせますので是非よろしくお願います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

山中 忠博は、こんな記事も書いています。

  • ショートに縮毛矯正は無理?なウソ3つ

    ショートに縮毛矯正は無理?なウソ3つ

  • 美容師が教える失敗しない縮毛矯正の知識と2つのテクニック

    美容師が教える失敗しない縮毛矯正の知識と2つのテクニック

  • 成人式&貸衣装

    成人式&貸衣装

  • 八王子祭り

    八王子祭り

  • プレミアム付き商品券が利用できるようになりました!

    プレミアム付き商品券が利用できるようになりました!

  • web検索数No.1の「インカラミ」って何?

    web検索数No.1の「インカラミ」って何?

新着ヘアスタイル

  • ホワイトグレー×グラデーション

    ロングスタイルホワイトグレー×グラデーション
    ブリーチを2回(状態によっては3回必要)して赤味や黄色味をとばしてから、ホワイトグレーのグ...
  • シースルーグレー

    ミディアムスタイルシースルーグレー
    くすみの有るグレーの色味を薄く入れて有る為透け感MAXのスタイルに!これからのSUMMERseasonにぴ...
  • 西海岸風グラデーションカラー

    ボブスタイル西海岸風グラデーションカラー
    ボブベースにスライドカットで抜け感を出すように柔らかさと動きを出します!カラーはブリーチし...
  • ふんわりショコラブラウンショート

    ショートスタイルふんわりショコラブラウンショート
    頭の形を良く見せるカットと、ハイライトとローライトのメッシュを効果的に入れることでよりフワ...

カテゴリー

カテゴリー


美容院専用ホームページサービス